早渕中学校は本日(9日)、茅ヶ崎中学校では一足先(6日)に前期中間試験が終了しました。新学年になってから初めての定期試験でした。それぞれが好スタートを切るために、塾での授業以外にも自習室を最大限に活用して、努力をしていました。

その活用状況をグラフにして、自習室の入り口に掲示してあったのか、自習王決定戦です。

多くの生徒が毎日毎日クロスロードの自習室で試験準備をしたり、学校の課題提出の準備をしたり、ノート提出のノート作りをしたり、とにかく一生懸命に頑張っています。最高30時間まで到達し、それ以上グラフが無くなっても、自習を続ける生徒も居ました。さすが妥協しないクロスロードっ子たちです。

この成果がテストの得点になって、それぞれの元に返っていくことを期待すると同時に、このような学習習慣が当たり前のものとして頑張っている、彼らの努力自体にも素晴らしさを感じます。

彼らの努力に報いるためにも、講師一同、徹底支援体制を敷いた定期試験対策期間でした。

個人別の利用時間グラフ
〇一つが1時間です。