** 今週のテーマ **********************

☆ プロセスを大切にする! ☆

********************************

◇社会では、「結果が全てだ」と言われますが、子育てでは、一概にそ
うではありません。子育てで重要なことは、子どものプロセスに関心を
示して、努力すること、真剣に取り組むことの大切さを教えることです。

子育てでは、結果よりもプロセスを教えることが重要なことなのです。

親が、結果にばかり関心を示してそれを重要視すると、子どもは親の
期待に応えようとして、何が何でも結果を出そうとします。
特に、親の期待を感じている子どもは、時には、不正を犯してでも結果を
出そうとします。

学習塾で、合格判定模試のようなテストでカンニングしてしまう生徒が
いるのは、大概は、親の期待に無理に応えようとしてしまうからです。
結果もそれなりに大切ですが、それよりは、その結果を出すプロセスを
大切にすることなのです。

親が、プロセスに関心を示して、子どもの成長を促すならば、子どもは、
プロセスをしっかり実行して、帳尻を合わせるようなことはしなくなる
ものです。つまり、不正をしてまで、良い結果を出そうとは思わなくな
るものです。

お母さん:A君、中間テストの結果はどうだった?
A君 :え~?別に。
お母さん:どうだったの?
A君 :別に。普通だよ。
お母さん:A君!テストの結果が問題じゃないのよ。だから、良くて
も悪くてもはっきり言わなきゃ。結果よりも知りたいのは、
その結果を出すために、どういうことをしたのかってことよ。
お母さんが知りたいのは。
A君 :え~・・・。わかんないよ。何でそんなこと聞くの。
お母さん:この2週間ぐらい、A君は、随分と頑張っているなって、
お母さん思っていたのよ。だから、その頑張りが、どういう
結果だったのか知りたいのよ。
A君 :ちょっと頑張ったけど…いつもとそんなに変わらなかったよ。
お母さん:A君は、この結果にちょっとショックを受けているの?
A君 :え~?・・・・。
お母さん:今回、結果がA君の思うような結果でなくても、A君の2週
間の努力は、無駄になっていないと思うわ。
A君 :結果が出てないんだから、無駄だったんだよ。
お母さん:A君、そんなことはないと思うわ。結果が出ても出なくても、
努力したってことが重要なことなの。今回は、たまたま結果
が出なかっただけよ。でも、努力することができたと言うこ
とは、次にも努力は、出来るということでしょ。そっちのほ
うが大切なの。
A君 :そうかな?

◇こんな会話を積み重ねることです。子どもは、結果に囚われているこ
とが多いものです。ですから、結果よりもプロセスが、重要なことを会
話の中で意識的に伝えることです。プロセスを大切にする子どもでいて
欲しいのです。将来、良い結果が出るように、良い原因を作ってくれる
ようになるはずです。

『良い結果は良い原因(=プロセス)から!』