** 今週のテーマ **********************

☆ 通信簿を話題に、いろいろな話をしよう! ☆

********************************

◇学校の通信簿が返ってきたころだと思います。先週の24日の金曜日
には、全国の小学校や中学校は、子どもたちに通信簿を返しているはず
です。この通信簿を見て、子どもに何が言えるか。今回は、これをテー
マにしてみます。

◇通信簿の評価が良ければ、子どもは嬉しいし、悪ければ悲しいもので
す。通信簿で一喜一憂するのが、子どもです(表面的には気にしていな
いように見えるけれども)。また、それと同じぐらい、お母さんもお父
さんも一喜一憂しているのではないでしょうか。しかし、ここが、親の
踏ん張りどころなのです。通信簿を子どもと見ながら、いろいろなこと
を話すことです。良い評価も悪い評価も学校の先生の評価を噛み砕いて
話し、お母さんやお父さんの評価も学校の先生とは別に伝え、子どもを
全体的に評価してあげるようにしたいものです。

お母さん:小学校4年生の最後の通信簿は、どうだったの?

A君 :別に。こんなもんじゃない。

お母さん:見せてよ。

A君 :いいよ。はいっ。

お母さん:算数が、よく分かっているみたいね。

A君 :たまたまじゃない。

お母さん:そんなことないわ。A君は、算数頑張ってたとお母さん思
うけど。

A君 :そうかな。ちょっと勉強しただけだけどね。

お母さん:A君が、頑張ったことを先生もちゃんと見ていたのね。先
生のコメントに良いこと書いてあるじゃない。A君は、みんなと協力し
て学級発表会をやったんだ?

A君 :みんな協力してたから、僕だけじゃないよ。

お母さん:A君は、小さい頃から、みんなと協力して何かをするのが、
好きだったよね。お母さんは、そういうA君の姿勢がとっても良いと思
うわ。

◇通信簿を見ながら、こんな会話をしてみてはいかがでしょう。成績だ
けに拘らずに、良い点や悪い点を具体的に確認して、次の学年の生活目
標を決めても良いし、子どもに対する親の評価を伝えても良いと思いま
す。兎に角、成績だけに関心を示すのではなく、子どもの生活や行動に
関心を示して、通信簿を一緒に見ていくことです。お母さんやお父さん
は、子どもの行動の結果以上に、行動そのもの、つまりプロセスに注目
した方が良いのです。良い結果を作るのは、良い原因だからです。子ど
ものうちは、結果よりもその結果を出したプロセスに注目するようにし
てください。

『通信簿を子どもと一緒に見て、いろいろな話をする!』