** 今週のテーマ *****

☆子ども本人の知らない良い点を定期的に伝えていこう!☆

***************

◇子どものセルフ・エスティームを高めるコミュニケーションの一つに、
子ども本人が気づいていない、自分の良い点を自覚するというものがあります。

お母さん:A君って案外、優しいところがあるわね。

A君 :そんなことないよ。

お母さん:この前、電車の中でおばあさんに席を譲っていたじゃない。

A君 :そんなの当たり前だろう。

お母さん:そんなことないわよ。みんな、知らん顔して席なんて譲らない方が多いじゃない?お母さんは、席を譲る人あまり見たことないな。

A君 :へえーそうなんだ。僕は、基本的には、座らないようにしているけどね。

お母さん:なんで?

A君 :めんどくさいからさ。席を譲るのが。最初から座らない方が良いでしょ。

お母さん:なんで?

A君 :席を譲るのって、恥ずかしいからさ。なんか。おばあさんやおじいさんが前に立ってたら、席を譲りたいけど、なかなかその勇気が出ない時があるからさ。

お母さん:だから、A君は、優しい人なのよ。よいことよね。他人を思っているっていうのは。素晴らしいことよ。この前みたいに、席を他人のために譲るのは。

◇お母さんが、「僕を認めてくれた」という場面を一杯伝えることです。子ども本人の知らない、または、無自覚な良い点を一杯伝えましょう。そして、そういう場面の時に、不適切な行為をしたら、しっかり叱ってあげることです。

認めることも叱ることも共に、子どもに関心を示す行為です。この両方ともが、セルフ・エスティームを高めます。

◇来週は、お盆休みです。ぜひ、子どもと一杯楽しい会話をしてください。

『子ども本人の知らない良い点を定期的に伝えていこう!』