** 今週のテーマ **********************

☆ つらい経験を味わう! ☆

********************************

◇最近の子育ては、子どもに楽なこと、楽しいことを経験させることが、
良いことだというような風潮があるように思います。また、子どもの自
主性を尊重することが、大切なことだと思って、子どもに大切な判断を
任す風潮があるように思います。

◇しかし、そういう風潮は、時に非常に危険性があるものです。成長段
階にある子どもの、成長段階に応じた対応が必要なのです。ですから、
子どもの成長段階をしっかり把握して、色々な対応をすることです。

◇子どもが、大人になっていく過程の中で、経験しなければならないこ
との中には、辛いこと、苦しいことをやり過ごすということがあります。
「やり過ごす」というと、何か良い印象はありませんが、「乗り越える」
では、意志をもって辛いことや苦しいことを克服するというニュアンス
があって、子ども時代はそんなに立派なことばかりができるわけではな
いので、「やり過ごす」を使いたいと思いますが、小さい時のやり過ご
し方と、ちょっと大きくなってからのやり過ごし方は、やはり違ってい
ます。そんな意味もあって、「やり過ごす」を使いたいと思います

◇表現はともなく、子どもに辛いことや苦しいことを経験させて、そう
いう思いをどうやり過ごすかを経験してもらわない限り、大人になって
からが、大変になってしまうのは、予想に難くありません。先にも書き
ましたが、今の子育ては、大人になってから大変になってしまう子育て
が、多いように思います。

◇子どもが辛いことや苦しいことに直面した時に、親としては、その辛
さや苦しさを共感的に見守ってもらいたいのです。直ぐに助け船を出す
ことはないのです。「辛いのなら、やめていいんだよ」とか「あなたが
やりたいって言ったことなんだから、あなたが続けるかやめるか決めて
いいんだよ」とか、そういう言葉を直ぐには使わないで、親も我慢して
もらいたいのです。

◇子どもが苦しんでいるのを見るのは、親として辛いかもしれませんが、
少し我慢して、見守ってもらいたいのです。子どもが、辛いことや苦し
いことをどうやり過ごすかを見守っていてほしいのです。

◇子どもが、大人になる前に悲しい思いをし、辛い思いをし、苦しい思
いをして、その思いの数々をやり過ごせるようになって、大人になって
いければ、色々なことに対する耐性は、きっと身に付いていくはずです。
子どもを大人にするために、辛い思いを経験させることも大切なことな
のです。

『大人になるための苦しさを経験させる!』