** 今週のテーマ **********************

☆ 受験生のケア! ☆

********************************

◇先月、受験生の心理的なケアについてお母さんやお父さんに講演をし
ました。キーワードは「不安」。その時の内容を今回は一部だけですが
書きたいと思います。

子どもは受験が近くなればなるほど、どんどん不安が高まります。
して、その不安から、何をしたらいいのか分からなくなります。しかし、
そんな子どもの状態を見ていると、親御さんはついつい「何やってんの!
受験が近いのに!」なんて言ってしまいがちになるものです。

◇しかしここは親御さんが子どもの不安に共感を示してほしいのです
「お母さんやお父さんはあなたの不安を理解していますよ。あなたが不
安に思うのは受験生として当然のことですよ」という気持ちをもって、
子どもにメッセージを送ってほしいのです。

◇次に、その不安に負けないように、子どもが活躍した時のことや頑張
っていた時のことを子どもに振り返ってもらうことです。
「A君、この夏の試合頑張っていたけど、あの大変な時、A君はどんな
感じがした?」
「Bちゃん、夏休み、あんなに勉強頑張ってたけど、やってみてどんな
感じがした?」
など、子どもが何かに真剣に取り組んでいた時や、頑張っていた時のこ
とを思い出させて、大変なことも、これまで自分は乗り越えられたんだ
と実感してもらうのです。この実感が不安と向き合う力になります。

◇最後に、高校入学後のことを想像してもらうことです。社会人になっ
て何がやりたいのか、大人になって何がやりたいのか、という目標を持
ってもらうことです。
「A君、高校に入学したら何が一番やってみたいの?」
「Bちゃん、高校卒業したら、どうしたい?」
「C君何しているときが一番楽しい?その楽しいことを高校に入っても
やりたい?」
「Dちゃん、大人になってもやっていたいことは何?」
このような質問をしながら、高校入学後のことを想像してもらうのです。
目標が高校受験以降の将来にあるという意識が受験生を強くします。

◇不安は、何か得体の知れないものです。ですから、不安の解消には具
体的な行動の指示が必要なのです。今回は心理的な部分を紹介しました
が、勉強についての具体的なことであれば、学校の先生や塾の先生にア
ドバイスをしてもらうことです。「勉強しなさい!」と思ってそれを言
葉に出しても、皆さんが望む結果にはなかなかなりません。それよりは、
じっと我慢して子どもを見守ってほしいのです。ガミガミ言えば言うほ
ど、受験生の不安はどんどん大きくなっていくものです。保護者の皆さ
んの我慢も受験生ケアにとっては重要なことなのです。

『子どもの不安に共感を示そう!』