** 今週のテーマ **********************

☆ 子どもの出来ている点を承認する! ☆

********************************

◇私たち親は、子どもを立派にしたい想いから、ついつい出来ていない
ところや駄目なところを注意してしまいますが、この注意が頻繁に行わ
れると、子どものセルフ・エスティームはどんどん下がってしまい、自
分は親から大切に思われていない!と感じてしまいます。そして、そう
なると、子どもの出来ていないことや駄目なところは、改善するどころ
か、どんどん悪くなってしまいます。

子どもが自分の出来ていないところを改善するタイミングは、子ども
がその出来ていないところに自分で気が付いて、どうにかしたいと思っ
ている時です。そして、そういう時に、子どものセルフ・エスティーム
が高い状態になっていることが重要なことです。それ以外の時は、親が
何を言おうが、なかなか改善しないものです。ましてや、親が一方的に
子どもの出来ていない点を注意しても、子どもはそれを到底聞き入れて
くれるものではありません。

◇ですから、それよりは子どもの出来ているところを承認した方がよっ
ぽど良いのです。その方が、子どものセルフ・エスティームが高まり、
子どもは自分の出来ていないことにも、意識が向きやすくなるものです。
そして、あるタイミングで、自分の出来ていない点・欠点を直そうと動
き出すのです。

◇子どもは、セルフ・エスティームが高くなると、自分の出来ていない
点や駄目な点を受け止められるようになるものです。そうなれば、自分
でその出来ていない点や駄目な点を改善しようと動き出します。その時
に、親がどうすればよいかをアドバイスをしてあげるのです。このほう
が、断然有効です。その時が来るまで、親は子どもの出来ていることを
承認し続けることです。それも気長に。たとえば、出来ていることを承
認するとは、こういうことです。

お母さん:おはよう!
A君  :・・・。
お母さん:おはよう!!
A君  :おはよう・・。
お母さん:A君の挨拶でお母さんも元気になったわ!ありがとう!

◇挨拶をしないことに注目しないで、出来たことに注目して、そのこと
に言及していくことです。ぜひ、子どもの出来ていること・当たり前に
やっていることに注目し、そのことを承認してください。子どもの成長
のためにも。

『子どもの出来ている点に注目する!』