** 今週のテーマ **********************

☆ 積極的に素直なフィードバックをする! ☆

********************************

◇コミュニケーションの目的の一つは、相手のセルフ・エスティーム
(自己重要感)を高めることです。特に、子どものやる気を引き出そう
とすれば、子どものセルフ・エスティームを高めることが、どうしても
必要なことです。セルフ・エスティームが高まれば、自分の可能性を信
じることが出来るようになるからです。

◇しかし親子関係では、その辺が「分かっているけれど出来ない!」と
いうことが多いのも事実です。それは、親の「子どもに対する大きな期待」
や「自分の分身」としての子どもに対する気安さが原因で、ついついマイナ
スのストロークを取ってしまいがちになるからです。大人同士であれば、
当然、こんな会話は出来ないなあと思っていることも、子どもとの間で
あれば、簡単に出来てしまう、それが親子関係です。

◇ということで、今回は、子どもに対するフィードバックについて書い
てみたいと思います。子どもは、親に期待を寄せています。子どもは、
親のフィードバックに期待しているのです。しかし、親はその辺を全く
無視してフィードバックをしてしまうから、子どものセルフ・エスティ
ームが高まらないのです。子どもの望むフィードバックを少しは理解し
て、親が子どもとコミュニケーションを取れるようになれば、子どもの
やる気は、当然高くなっていくはずです。子どもの期待する言葉をちょ
っと意識して子どもにかけてあげることです。

◇たとえば、家庭訪問の時に、学校の先生から、A君の評価をお母さん
が聞いたとしましょう。A君もその場にいて聞いており、その評価は
良いものだった。さあ、お母さんは、どういえばよいのでしょうか。

お母さん:学校の先生が、あなたのこと褒めてたけど、本当なの?

A 君:どうかな?

お母さん:何かの間違いじゃないの?あの先生は、生徒のことをしっか
り見て言ってるのかしら?

A 君:さあ、どうかな?

お母さん:まあ、褒められるだけ、ましかもね。頑張りなさいよ!

A 君:多分ね。

◇このやり取り、どうでしょうか。これはあまりにもひどい例かもしれ
ませんが、これと似たり寄ったりのやり取りが、あるのではないでしょ
うか。これじゃあ、A君は立つ瀬がないし、学校の先生に不信感が出
来てしまうかもしれません。こんな時は、素直にA君を褒めてあげてく
ださい。

お母さん:学校の先生が、あなたのこと褒めてたけど、お母さん、嬉し
かったわ!

A 君:へえ~。

お母さん:あなたもなかなかやるじゃない。学校では、お母さんのいつ
も言っていることをしっかりやっているのね。安心したわ。

A 君:さあ、どうかな?

お母さん:これからも、頑張ってね。お母さん期待しているからね。

A 君:期待しないでね!

◇A君が望むフィードバックを、お母さんは心がけてください。これは、叱
る時も同じです。A君が受け止められるような叱り方が、A君が望ん
でいる叱り方なのです。私たちに重要なことは、相手に受け止められる
コミュニケーションです。このことを忘れないようにしたいものです。

『積極的に素直なフィードバックをする!』