** 今週のテーマ **********************

☆ 視点を変えて、意味を変えよう! ☆

********************************

◇私たちは、色々な状況を自分なりの意味にして受け止めています。例
えば、忙しい状況を、ある人は、忙しくて大変だという意味で受け止め、
ある人は、こんなご時世なのに、忙しいなんて嬉しいことだと受け止め
ています。人によっていろいろな受け止め方があるのです。

◇ということは、実は、状況の意味は、固定された絶対的なものではな
いということです。状況をどう受け止めるかで、意味を変えることが出
来るということです。状況をどう受け止めるか、それは自分の持ってい
る視点で変わります。ですから、視点を変えてみることが、実は重要な
ことなのです。

◇子どもが、学校で何か嫌なことがあったとします。浮かない顔で家に
帰ってきて、しょげています。お母さんとしては、子どもに元気になっ
てもらいたいと話しかけようとします。子どもは、ほっといてくれ!と
言わんばかりに部屋に入っていきます。そんな時に、少し時間をおいて、
子どもの話を聴き、子どもに起こったことの意味を少し転換させてあげ
るようにするのです。

お母さん:太郎君、何か学校であったの?

太郎:別に。

お母さん:じゃあ、いいんだけど。さっきは、なんか元気ないように見
えたけど。

太郎:ちょっとね。次郎と学校で少しもめたんだ。

お母さん:そうだったのね。何が原因だったの?

太郎:次郎が自分の思い通りにしようとするからさ。

お母さん:それじゃあ、あなたも頭にくるわね。

太郎:そうなんだよ。で、次郎に注意したら、次郎が反論してきたんだよ。

(中略)

お母さん:太郎君、今回の件って、あなたにとって凄く良いことだった
んじゃない。だって、今まで感じてた次郎君の嫌なところをしっかり伝
えて、次郎君もあなたに対して素直に嫌な点を言ってくれたわけでしょ。
お互いの欠点がわかったわけだから、良かったんじゃない。

太郎:えっ?僕はムカついたけどね。

お母さん:きっと次郎君だってムカついたんじゃない。だから、口喧嘩
になったんだから。でも、ムカつきっぱなしで良いのかなあ。お互いが
素直にお互いの欠点を挙げて、すっきりしたんだから、良い事件だった
のよ。今度次郎君にあったら、「ごめんね!ありがとう!」ぐらい言っ
たら。太郎君の欠点を言ってくれたんだから。

太郎:えっ?ありがとう?言えるかな。・・・。

◇いろいろな出来事には、色々な意味があります。どの意味を受け止め
るか、それは、その子ども自身の問題ですが、そこをプラスにとらえら
れるように親が、視点を変えてあげることは、非常に重要なことです。
ぜひ、嫌な出来事から、良い意味が見つけられるように、子どもに新し
い視点を与えてみてください。

『視点を変えて、意味を変えていく!』