** 今週のテーマ **********************

☆ものを頼んだら、お礼を言うこと!☆

********************************

◇随分と前の話になりますが、生徒の保護者からこんな相談がありました。
「子どもにものを頼むと、すぐに『めんどくさい』というんです?どうにか
なりませんか?」と。

◇私が、具体的にはどういう場面でお子さんは「めんどくさい」というんで
すか?と聞くと、何かを頼むと、「めんどくさい」と必ず言って、それをす
るらしいのです。しかし、お母さんは、この一言「めんどくさい」が、どう
も気に入らないらしいのです。

◇次に私がお母さんに、どんな口調でものを頼みますか?と聞くと、普通に
「これ取ってくれない」という感じで頼むと答えてくれたのですが、その後
に、お母さんは、お子さんに感謝の気持ちを言葉で伝えていますかと聞くと、
そんなことはしていないということでした。

◇もしかしたら、ここがポイントかもしれないと思って、私は、お母さんを
相手に、「これ取ってくれない」ということを3種類に分けて、お母さんに
お母さんの口調に近いものを確認しました。

1.ちょっと命令口調で
2.何気ない口調で
3.懇願するように

◇お母さんは、1と2の中間ぐらいですと言っていましたが、多分、お子さ
んがそれを実行した後に感謝の言葉を言っていないとなれば、取るのは当た
り前という意識が強いと思うので、お母さんの口調は1に近いのではないか
と思います。

だとすれば、それは、お子さんにしてみれば、命令を受けて行動し、その行
動をすることを当然のことだとお母さんは、思っているんだなと無意識のう
ちに思って、無意識のうちに抵抗を示しているのかもしれませんね、と。
それに対する抵抗の言葉が、「めんどくさい」ということなのではないかと
答えました。

◇そして、出来れば、お子さんの「めんどくさい」を我慢して、お母さんが
感謝の気持ちを伝えるようにしてください。そうすれば、そのうちに、お子
さんは、お母さんの手伝いが素晴らしいことだとわかってくるかもしれませ
ん。そのように答えました。

◇ものを頼んだら、お礼を言う。このシンプルなことを親子の関係において
も普通にやることが重要なことだと思います。

『ものを頼んだら、お礼を言うこと!』