** 今週のテーマ **********************

☆モチベーションのボタン1~価値観型~☆

********************************

◇モチベーションのボタンは、人それぞれです。親と子どもでもそのボ
タンは違います。親のモチベーションのボタンをそのまま子どもに押し
付けても、子どもは、全然響かないものです。子どもには子どものモチ
ベーションのボタンがあるものなのです。

◇NLP(神経言語プログラム)の考え方に、価値観型の人間とビジョ
ン型の人間に分ける考え方があります。価値観型の人間は、日々の生き
方が問題になっているので、その生き方に関わることにモチベーション
のボタンがあるそうです。

◇ビジョン型の人間は、将来の自分のイメージに関わることにモチベー
ションのボタンがあります。この二つ人間観を少し意識して、子どもを
見ていると、どっちの傾向が強いか分かってきたりします。

◇今回は、価値観型の人間に対する接し方の例を示します。

お母さん:A君、最近どうなの?なんだか悩んでいるように見えるけど。
A君 :え~?別に。
お母さん:そう?何か変だけど。今日はどういう一日だった?
A君 :え~?別に。普通だよ。
お母さん:A君は、どういう時に今日は良い一日だったと感じるのよ。
A君 :え~・・・。わかんないよ。何でそんなこと聞くの?
お母さん:お母さんがA君を見ていると、A君が、自分を大切にしているな!
と感じる時があるのよ。その時のA君の顔が好きなんだけどな。
最近、どうもA君に元気がないように見えるのよ。
A君 :そんなことないよ。
お母さん:A君は、何を一番大切にしたいと思っているの?
A君 :え~?・・・・。
お母さん:A君が、自分の大切にしていることをコツコツと積み重ねて
いくだけでお母さんは良いと思うわ。最近、A君は、無理し
て嫌なことやってんじゃないの?
A君 :そんなことないよ。強いて言えば、勉強が嫌だけどね。

◇A君にとって大切なことをお母さんが知ろうとすることが大切なこと
です。価値観型の人間は、なかなか自分が納得しなければ動かないもの
です。無理強いをしても無駄なことが多いので、そういう価値観型の子
どもには、共感を持って接してみてください。そうすれば、子どもは、
お母さんの理解を得て、やる気になるものです。

『人それぞれのモチベーションのボタンを発見する!』