** 今週のテーマ **********************

☆モチベーションのボタン2~ビジョン型~☆

********************************

◇前回は、人それぞれのモチベーションのボタンがあって、NLP(神経
言語プログラム)の考え方に、価値観型の人間とビジョン型の人間に分け
る考え方があることを紹介しました。今回は、前回からの続きで、ビジョ
ン型の接し方を考えてみたいと思います。

◇A君がビジョン型なら、以下のような接し方が有効です。

お母さん:A君、最近どうなの?なんだか悩んでいるように見えるけど。
A君 :え~?別に。
お母さん:そう?何か変だけど。今日はどういう一日だった?
A君 :え~?別に。普通だよ。
お母さん:A君は、どういう状態になったら今日は良い一日だったと感
じるのよ。
A君 :え~・・・。わかんないよ。何でそんなこと聞くのよ。
お母さん:最近、どうもA君に元気がないように見えるのよ。A君は、
もし自分が何でも出来る人間になったら、どういうことをし
たい?たとえば、大空を飛びたいとか、みんなの前で何か演
説したいとか、平和な世界を築きたいとか、もしA君が何で
も出来るとしたら、どんな夢を叶えたいの?
A君 :急に言われてもわかんないよ。
お母さん:A君、ちょっと想像してみてよ。もし、A君の夢を実現でき
るとすれば、今何が必要なのか?自分は何をすればよいのか?
A君 :え~?・・・・。
お母さん:A君が、やりたいこと、実現したいことをいつも想像するの
よ。
A君 :やりたくないことは直ぐに分かるよ。
お母さん:えっ!何?
A君 :決まってるじゃん。勉強だよ!
お母さん:そうよね・・・。

◇A君が、ビジョン型ならば、自分の夢をいつも意識させてみることです。
スランプに陥っても、自分の夢が目の前に浮かべば、元気になれるもので
す。あとは、その夢の実現のために、何をしたら良いのかを彼に選ばせる
ことです。そうすればやる気になってくれるものです。

『人は、ビジョン型と価値観型でやる気のボタンが違う!!』