** 今週のテーマ **********************

☆反抗期を歓迎する!☆

********************************

◇自我形成において重要なことは、親の価値観をどういう風に掴み直すか、
ということです。

◇人間は、生まれてすぐに親にめぐり会い、1歳を過ぎたところから、自分
の自我のモデルに無意識のうちに親を立てます。好むと好まざるとに関わら
ず、親が自分の中に自然に入っている状態です。そして、自分の中にある親
をモデルにして、子どもは社会的な自我を形成しながら、社会生活を徐々に
始めることになります。

◇子どもの活動領域が徐々に拡大していくと、色々な個性を持った友人たち
とつき合うことになって、親との葛藤とは違う様々な葛藤を経験することに
なります。そして、そういう経験を積んで、社会的な自我が鍛えられていく
のです。

◇子どもが10歳から15歳前後になった時、とうとう第二の誕生の時期に
入っていきます。自分自身の存在、親と自分の関係に疑問を持つようになる
のです。

◇この存在への疑問が、自律(親の価値観からの独立)のスタートです。
これこそ、本当の自分になっていく、第二の誕生のスタートなのです。自分
とは一体なんだろう?自分は自分で、親は親だ。自分は何のために生まれて
きたのだろう?こんな疑問が、徐々に自分の中で生まれては消え、消えては
生まれるようになります。この時期から、子どもは、俗に言う「反抗期」に
入っていきます。

◇今までは、親の価値観に根本的に反抗することはありませんでしたが、こ
の時期から、根本的に親の価値観に異議を申し立てていくようになります。
親の言うことに素直に従わなくなるのです。

子どもが大人になるということは、親の価値観から一旦距離を置いて、自分
なりの価値観を打ちたてようとすることから始まります。親の全くの複製を
拒否して、オリジナルな自分になろうとすることが、自律です。ですから、
親への反抗が出てくるのです。

◇こういう時期に入ったら、親は、以前の子どもの素直だった時の子ども像
を求めるのではなく、まずは「反抗期」的な兆候を良しとしてみるように努
力することです。

大人になっていく一つの「通過点」だと考えて、「反抗期」を歓迎する努力
をすることです。くれぐれも、「何でこんな子どもになってしまったのだろ
う?」と嘆かないでください。大人になるステップを自分の子どもが歩みだ
したのだと思うことです。

◇子どもが親の価値観から離れようとしている時が、実は非常に不安になる
時なのです。そういう時に、子どもの「反抗期」的な兆候を直そうと必死に
なってはいけません。それよりは、「反抗期」的兆候の中からでも、子ども
の良い点に注目して、そのことを認めてあげようとして欲しいのです。

◇子どもは、以前のような幼い、素直な子どもには戻れないのです。今度親
の前に現れる時は、素直な大人として戻ってくるか、たくましい大人として
戻ってくるかしかないのです。

◇ですから、そのために、「反抗期」的兆候を糾弾するよりも、良い点に注
目して、子どものセルフ・エスティームを高めて、子どもの不安を少しでも
取り除くようにしてあげてください。そうすることが、子どもの自律を促し、
「反抗期」を短くすることになると思います。子どもが大人になるために苦
労する時期を「反抗期」と言うのだと思ってください。

『反抗期を歓迎する!』