** 今週のテーマ **********************

☆反抗期=自律期だからこそ、子どものセルフ・エスティームを上げること!☆

********************************

◇先週の日曜日に、和光市にある学習塾の保護者会で「子どものやる気
を引き出す親のアプローチ」と題して、子どもの反抗期=自律期のアプ
ローチをお話してきました。

◇今回は、その時に出た自我形成について書きたいと思います。人間は、
生まれた直後は、世界と未分化な状態の意識です。つまり、世界と自分
が一体となっていて、自分も世界も何も認識できていません。その状態
が、数か月続いて、ハイハイをし出すころには、うすうす自分と自分以
外のものを意識し出すようになります。

◇1歳になるかならないかの時期に、人間は、歩き出します。そうです。
最初の自立を成し遂げます。この時期に、他者を発見し、自分を発見し
ます。この0歳から1歳の間、人間の子どもは、マイナスのストローク
をほとんど受けません。

周りの大人は、赤ちゃんにマイナスの言葉を投げかけません。「可愛ら
しいわね」とか「元気のよい泣き声ね」とか「なんて可愛いんでしょう」
とか、プラスのストロークを与えて、子どものセルフ・エスティームを
高め、自立を促すのです。この時期が、一番セルフ・エスティームが高
いのです。

◇さて、他者と自分を発見した人間ですが、自我形成の中を見てみると、
本来的な自我(生まれながらに持っている自我)があるだけです。この
本来的な自我は、非常にわがままな自我です。世界と一体となっていた
ころの自我ですから、自己中心的な自我なのです。

それに対して、他者は、自分の生命を保証してくれるお母さんやお父さ
んですから、嫌われないようにしなければなりません。しかし、本来的
な自我は、わがままですから、他者と対立してしまう可能性が大いにあ
ります。

そこで、人間は、まず、心の中に「内なる他者」としてお母さんやお父
さんを取り込みます。心の中にうまく取り込めなければ、大きくなって
から引きこもりになってしまう可能性もあります。心の中にいつも他者
が、それも一番重要な他者がいないということは、寂しくて仕方がない
ことですから。

そして、3年前後をかけて、この「内なる他者」をモデルに、人間は、
「社会的な自我」を徐々に形成していきます。この「社会的な自我」で
他者とコミュニケーションをとるようになるのです。簡単に書きました
が、これが自我形成です。3歳前後から社会的な活動領域が広がるのは、
「社会的な自我」が形成されていくからです。

◇さて、人間の自我形成は、ここで終わりません。1歳で自立した人間
は、10年以上たつと歩くことの達人になります(達人の法則:何かを
毎日6時間、10年以上続けて20,000時間を超えると、やり続けたこと
が達人の領域に入るのです)。

そうなると、子どもは、親の所有物ではない、親に決められなくても自
分で決められる、そう思うようになります。そして、親から自律しよう
と「内なる他者」を否定しだすのです。これが反抗期=自律期です。

「内なる他者」を否定し出すわけですから、その「内なる他者」をモデ
ルにした「社会的な自我」が揺れて、今までのような状態ではなくなり
ます。不安定な精神状態になるのです。

◇そんな状態の時に、欠点や短所を指摘して、直しなさいという以上に、
当たり前にできている点を承認し、自律しようと不安定になっている子
どもの存在を承認することが重要なことなのです。

「あなたがどんな状態でも、私はあなたを認めている」というメッセー
ジを送り続けることが大切なのです。これが、子どものセルフ・エステ
ィームを上げなければならない所以です。自我が不安定な状態だからこ
そ、子どもの当たり前にできている点を認めてください。試行錯誤を繰
り返しながら、子どもは自律を成し遂げていくことでしょう。

◇そして、「内なる他者」を否定していたことで、親と対立構造ができ
ていたことを解消するようになります。親との和解へ向かいます。親と
和解ができてこそ、子どもは本当の大人になっていきます。

大人とは、歳の問題ではなく、自我形成上の自律と親との和解を言うの
です。親との和解をもって、反抗期=自律期が終了となります。ぜひ、
それまで子どもをしっかり見守っていきましょう。

『反抗期=自律期だからこそ、子どものセルフ・エスティームを上げること!』