** 今週のテーマ **********************

☆子どもが頑張れる会話環境を創ろう!☆

********************************

◇この週末で、ほとんどの学校は夏休みが終わってしまいます。皆さん
のお子さんは、夏休みの宿題は、終わっていますか。今回は、宿題が終
わっているかどうかのチェックをしてみましょう。

お母さん:A君、学校の宿題は終わったの?

A君 :もう少しで終わるよ!

お母さん:えー、本当?終わるなんて全く信じられないんだけど!

A君 :だから、もう直ぐ終わるって言ってるだろう!
まだ終わってるわけじゃないよ。

お母さん:終わってないの?こんなことで間に合うの?
なんでもっと前からやらなかったのよ!

A君 :うるさいな!分かってるよ!今からやればいいんだろう!

◇もし、こんな会話になってしまったら、A君は、宿題を終わらせるど
ころか、全くやらないことを選ぶかもしれません。

お母さん:A君、学校の宿題は終わったの?

A君 :もう少しで終わるよ?

お母さん:凄いじゃない!計画的にやったのね!

A君 :え?そうでもないよ。

お母さん:どのくらい出来ているか、お母さん、見てみたいんだけど?

A君 :嫌だよ!心配しなくても大丈夫だよ。

お母さん:別に心配しているわけじゃないけど。分かったわ。
宿題を終わらせたら教えてね。お疲れ様って言いたいから。

この会話と先ほどの会話の決定的な違いが、「計画的にやったのね」
という感想です。この感想、少々作為的ですが、こんな表現が自然と出
てくるようにしたいものです。なぜならば、宿題をやるかやらないかは、
子どもの問題だからです。

◇親が子どもを責めても、子どもが宿題を快くやるとは限りません。で
あれば、親は宿題に関心を示すだけで、子どもが宿題をやるような環境
を作ってやることが重要なことなのです。

◇あえて作為的な表現で、子どもの今までの不出来を責めることなく、
しかし、計画的にやっていればよかったんだ!と子どもにも気づくよう
な会話を交わしていくのも一つの手です。残りわずかな夏休みを有効に
宿題に向かわせる会話を心がけたいものです。

『子どもが頑張れる会話環境を創ろう』