** 今週のテーマ **********************

☆子どもに学校の様子を定期的聞こう!☆

********************************

◇随分前の話ですが、中学2年生の男の子を持つ保護者から、家庭訪問
の時に、学校の先生から、A君がもしかしたらいじめられているかもし
れないと言われたと言って相談のメールが来ました。息子に聞くべきか、
聞かないべきか、どうしたらよいですか、という相談でした。

◇私は、こんな風に息子さんに聞いたらどうですかと返信しました。

お母さん:この前の家庭訪問で、先生が、A君のこと心配してたけど。

子ども :え~・・・。何について?

お母さん:なんだか、お友だちに蹴られたり、叩かれたりされることがあるんだって?

子ども :え~・・・。

お母さん:お母さんも、もしそのことが本当なら、A君のこと心配なんだけどな。

子ども :ううん。大丈夫。そんなにやられてないから。

お母さん:どんな時に、蹴られたり、叩かれたりするの?

子ども :なんか、わからないよ。

お母さん:誰がA君にそんなことをするの?

子ども :B君とC君かな。

お母さん:いやじゃないの?

子ども :そんなに。

お母さん:いやだったら、お母さんに言ってね。

子ども :うん。

◇まず、お母さんが深刻な表情で聞かないこと。普通に学校の様子
を聞きながら、どういう時に、誰に叩かれたり、蹴られたりするの
かを何気なくきくことです。

◇子どもが、親にそういうことを言わないのには、訳があるのです。
言ってしまって、問題が大きくなったら困るからです。だから、
静に聞いて、子どもの逃げ場所をお母さんは、残しておくことです。

◇対処については、学校の先生にお母さんが知りえた範囲で報告し
て、学校でも何か気がついたら直ぐに連絡をいただきたい旨を伝え
ることをアドバイスしました。

◇いじめられているのか、ただ単にからかわれているのか、判断の
難しいところです。ですから、大きな問題になる前に、学校の先生
とこまめに連絡を取っていくことです。

『子どもに学校の様子を定期的聞こう!』