** 今週のテーマ **********************

☆子どもに無条件のストロークを与え続ける!☆

********************************

◇先週の水曜にTOKYO MXの「モーニングクロス」という番組に出て、
教育の問題を話してきましたが、その中で「子どもの遊び(体を使った)」
を保証してほしいというようなことを発言してきました。

それは、子どもは、大人が組織しないところで、子どもだけで「自治と参加」
の精神を学んでほしいということと、体幹を鍛えてほしいと思ったからです。
勉強も大切なことですが、子ども同士の中で、しっかり関係性を構築してほ
しいのです。

◇さて、そういう関係を構築する上で大切になるのが、心のエネルギーです。
それはつまり、自分の可能性を信じる力=自信です。自分には何かをやる能
力があるとか、自分はどんな状況でも何とかなるとか、自分に対する信頼が
ある状態を自信のある状態といいますが、そういう自信があるからこそ、他
者との関係構築ができるのです。

◇そのような力は、他人から重要であると実感している人が持てるものです。
つまり、セルフ・エスティームの高い人が、自信を持てるのです。そして、
そういう人は、自分自身を肯定することができます。図式的に言うと、セル
フ・エスティームが高くなっていく⇒自信が生まれる⇒自己肯定感が持てる。
そんな流れです。

◇それでは、そのような流れになるためには、どういうコミュニケーション
をとればよいでしょうか。

◇それは、交流分析の言うプラスのストローク、特に無条件のプラスのスト
ローク(承認)を常時子どもに投げかけることです。

◇無条件のプラスのストロークとは、子どもが、何かをしたから褒めるとい
うよりも、何もしなくても子どもがいるだけで、親として子どもを認めると
いうものです。

◇たとえば、算数のテストで100点を取ったから褒めるというのは、条件
付のプラスのストロークです。それに対して、無条件のプラスのストローク
は、どんな得点でも親として子どもに対して優しく接するということです。
これは、ちょっと難しいかもしれませんが。

◇子どもの存在をいつでも関心を持って見つめていくと、子どものセルフ・
エスティームは高まり、自己肯定感も、高まっていくものです。セルフ・エ
スティームや自己肯定感が高まってくれば、何に対しても自信を持って臨め
るようになりますし、新しいことをして、たとえ失敗しても、失敗から何か
を学ぶようになっていくのです。

◇私たちは、子どもの良い面と悪い面を同時に認めることです。そして、良
い面に関心を示して、良い面を伸ばしていこうとすることです。そうすれば、
子どもは自分自身の可能性を信じられるようになります。そうなれば、子ど
ものやる気は断然高まってくるはずです。

『子どもに無条件をストロークを与え続ける!』