◇子どもに自分のことを語ってもらった
ことがあるでしょうか。

母親:A君、あなたってどんな子どもなの?

A君:えっ?そんなの知らないよ。

母親:A君って、学校では元気がいいって、先生が言ってたよ。

A君:元気がいいかな。

母親:部活とか頑張ってるんじゃない。あとは、どんなことがある?

A君:あと?別にないんじゃない。

母親:A君が、好きなことは何?やってて面白いなって思えることは何?

A君:なんだろう?学校の奴らと遊ぶことかな。

母親:嫌いなことはある?

A君:えっ?嫌いなこと? 勉強かな!

母親:牛乳もでしょ。

A君:怒られるのも・・・。

◇たまには、こんな会話を子どもとして
みたらどうでしょうか。子どもの思って
いることをドンドン引き出して、子ども
が思っていることを共有してみてください。

◇子どもが母親に理解されていると感じ
れば、子どもは安心するはずです。たま
には、子ども自身のことに興味を持って、
正面から見つめてみてはどうでしょうか。
ちょっと、心が和む時間が作れるかもし
れません。

『子どもに自分自身を語ってもらう!』