** 今週のテーマ **********************

☆子どものやる気の背中を押す!☆

********************************

◇子どもが、自主的に勉強をする時があります。それは、子どもがその
科目を好きになった場合と、その科目が出来そうだとか、分かりそうだ
とか実感した時です。そういう時に子どもは自主的に勉強をし出します。

◇先週や今週は、ちょうど、学校の成績が返ってきたのではないでしょ
うか。その成績を使って、子どものやる気の背中を押してみてはどうで
しょうか。

お母さん:3学期(後期)の成績は、どうだったの?

A 君 :え~?・・・・。

お母さん:見せてみなさよ。あなたの努力の結果なんだから。

A 君 :え~。大した変化はないよ

お母さん:体育頑張ったじゃない!

A 君 :まあね。バスケットだったからね。

お母さん:好きなものは、やっぱり上手いんだ!流石じゃない!

A 君 :そんなことないよ。バスケ部の奴らのほうが、全然上手いよ。

お母さん:お母さんは、別に他人と比べてないのよ。あなたが、好きなことで活躍するればいいのよ。
他に社会も頑張ったじゃない!

A 君 :まあね。

お母さん:テスト前頑張れば、やっぱり先生も認めてくれるのよね。

A 君 :たまたまだよ。山が当たったんだ!

お母さん:やれば出来るのよ。何で社会頑張ったの?何か理由があったの?

A 君 :別に。ただその時は、興味のあるところがテストに出たんだよ。

お母さん:じゃあ、英語は、あなたはどう思っているの?

A 君 :え~。どういうこと?英語は、嫌いだよ。

お母さん:なんで、嫌いなのよ?

A 君 :面倒くさいから。

お母さん:でも、英語がしゃべれたら、かっこいいのに。

A 君 :そうだけどさ。単語が分からないし。

お母さん:そうね。お母さんも単語が全然ダメ。でも好きな英語の歌の歌詞を訳してみたら、
案外、習ってた単語が一杯あったから、直ぐに訳せた。
それからよ、お母さんが英語を少し好きになったのは。
あなたも、この春は英語の歌でも聴いてみたら。

◇こんな会話でもいいので、子ども達のやる気を刺激してみてください。
得意なこと、好きなことに焦点を合わせて、会話をしてみてください。
子どもだけのことを聞くのではなく、自分のこともしゃべりながら、ぜ
ひ、子どもと会話をしてほしいのです。何気ない会話が、子どものやる
気の背中を押してくれるかもしれないのですから。

『子どものやる気の背中を押す!』