** 今週のテーマ *************************

☆子どものやる気をくじく言葉☆

***********************************

◇私(中土井)が、その昔、保護者面談などで、いろいろなお母さんが話して
くれた親子の会話を思い起こすと、日常会話の中で、随分と子どもたちは、お
母さんに手厳しく注意を受けていることが分かります。たとえば、こんな会話
です。

   A君 :これどうするんだっけ?
  お母さん:何度も同じことを言わせないでよ!こうするんでしょ!

  お母さん:宿題やったの?何で言われなきゃ出来ないのよ!
   A君 :えっ?!忘れてただけだよ。

  お母さん:いつになったらあなたは、自分で何でも出来るようになるのよ!

  お母さん:テーブルのものを何で片付けないのよ!捨てちゃうわよ!

  お母さん:今度こんな失敗したらお母さん、許さないからね!

◇こういう言葉は、子どもたちの小さなプライド(自尊感情:セルフ・エステ
ーム)をくじいています。ついつい出てしまった、お母さんの感情的な表現が、
子どもたちの存在や価値観を傷つけているのです。

◇お母さんに考えてほしいのは、子どもたちを動かすものは、お母さんやお父
さんや周りの人の愛情なのだ。その端的な表現が、言葉なのだ。そのことを忘
れないようにして欲しいのです。

日常的に子どもに発する言葉で、多い表現は何でしょうか。ぜひ、リストアッ
プしてみてください。そして、それらの言葉が、子どものやる気を引き出すた
めに、有効なものなのかどうかを、一度、考えて欲しいのです。

子どもは、恐怖政治よりは、民主政治を望んでいるはずです。自主的で勇気が
あって、自律的な子どもを育てるために、どういう促しの言葉が大切なのかを
考えてみましょう。自分の表現リストに、子どものやる気を引き出す言葉を加
えていきましょう。