** 今週のテーマ **********************

☆子どもの価値観や感情を理解するつもりで、子どもと会話をする!☆

********************************

◇親は勉強して欲しいと思っていますが、子どもは、親の心子知らずで、
全く勉強に向かわないものです。そういう現実が、どの世界にも山ほど
あるはずです。

◇今回は、そういう状況になった時に親はどうすればよいのか、考えて
みたいと思います。特効薬ではありませんが、漢方薬的にじわじわ効い
てくるかもしれない、そんなアプローチを考えてみたいと思います。

◇子どもが中学生にもなれば、色々なものに関心が向かうものですから、
親の言う通りにならなくなるものです。子どもには子どもの重要にして
いる価値観が、徐々に出来始めて、親の言うことを鵜呑みにする中学生
はなかなかいなくなるからです。

◇この時期は、俗に反抗期といわれる時期ですが、どうして反抗期が出
てくるかと言えば、今までの「子どもの価値観≒親の価値観」という構
図が壊れて、徐々に子ども固有の価値観を子どもが作ろうとするからな
のです。

◇こういう時には、子どもに今までの親の価値観を押し付けてもあまり
効果はありません。それよりも、子どもの価値観や感情を聴いていくこ
とに親は徹することです。

反抗期の子どもは、非常に不安定になっているので、子どもの色々な感
情や意見を真剣に受け止めることで、子どもに安心感を与えることが大
切なのです。

お母さん:最近、勉強に身が入っていないみたいだけどどうしたの?

子ども :え~・・・。別に。

お母さん:そう?お母さんは、あなたが勉強に向かっていないように
見えるんだけど。

子ども :え~・・・。

お母さん:お母さんも中学時代は、勉強なんか好きなほうではなかっ
たけど、あなたはどうなの?

子ども :え~・・・。わかんないよ。

お母さん:何してるのが好きなのよ?

子ども :なんか、わからないよ。

お母さん:お母さんのことうるさいな?と思っているでしょ?!

子ども :なんだよそれ?!

お母さん:お母さんの質問に全然答えてくれないから。

子ども :そんなことないよ。

お母さん:じゃあ、何しているのが一番好きなのよ?

子ども :え~・・・。何かなあ?

◇たとえば、このような会話を機会がある度にしてみてください。子ど
もの価値観や感情を理解しようと思って、子どもと会話をするようにし
てください。

直接的に勉強をしなさいというよりも、お互いの価値観に対する違いを
認め合うことで、お互いに信頼感が高まるはずです。そうなれば、勉強
についても話ができるようになるものです。

◇子どもには、勉強をやらなくてはならないのだという深層意識がある
ものですから、そのきっかけを作ることが親の重要な役目だと思ってい
ただきたいのです。子どもの気持ちを安定させるアプローチをぜひ、取
るように心がけてほしいものです。

『子どもの価値観や感情を理解しようと思って、子どもと会話をする!』