** 今週のテーマ **********************

☆子どもの反抗的な態度から考える!☆

********************************

◇随分前の話になりますが、小学校6年生の男の子と中学2年生の男の
子のお母さんから、相談がありました。

そのお母さんがいうことには、子どもたちが、お母さんの言うことも聞
かないし、叱ってもぶつぶつ生意気なことを言って反撃するらしいので
す。「どうしたら、私の注意を聞いてくれるようになるのですか?」と
いう相談でした。

◇そのお母さんの話を聴いて一番感じたことは、お母さんが、子どもの
言動に何でも反応してしまって、そのたびにストレスになってしまう
いうことです。悪循環になっているのです。

中土井 :お子さんに対して、何が一番腹が立ちますか。

お母さん:そうですね。言うことを聞かないことです。

中土井 :言うことを聞かないというのは、どういうことですか。
叱っても効果がないということなのか、ルールを守らないと
いうことなのか。

お母さん:両方です。ルールを守らない時は、しっかりと注意をするの
ですが、全く聞く耳を持たずと言う感じです。
そのうち、こちらも頭に来て叱ると、言い訳をして誤魔化そ
うとし、そんなことは許せないので、ちゃんとするまで言い
続けるのですが、ぶつぶつ言いながら、やっとどうにかこう
にか、言うことを聞くのです。

中土井 :お母さん。それは、お母さんとお子さんが、主導権争いをし
     ているのです。お子さんの目的を理解して対応していくよう
にすると良いのです。反応するのではなく。

お母さん:どういうことですか。彼らは、ただ遊びたいだけだと思うんですが。

中土井 :そうなんですよ。彼らは、遊びたいだけなんですよ。
でも、ルールを守らないのは、お母さんの言うことを聞きた
くないからなんですよ。だから、そういう時は、お母さんが
自然と反応するのではなくて、対応しなくてはらないのです。

まず、冷静な時に、ルールの確認をし、そのルールを守る約
束をして、もし、その約束を破ったら、ルール破りの対処は、
こうすると決めることです。その際に、なぜルールを守らな
くてはらないのか、しっかり話し合ってください。

◇子どもが言うことを聞かない時、その目的は、アドラー心理学的に言
えば、主導権争いをお母さんとやっているということです。そういう時
は、まず誰の問題なのかをお母さんが考えてみることです。

ルールを守らないで不愉快な思いをお母さんがするなら、お母さんの問
題ですし、ルールを守らないと子どもに不利益があるなら子どもの問題
です。このことをルールを無視した時に確認することです。

◇そして、子どもの問題だとすれば、無視をしてもいいですし、Iメッ
セージを使って、お母さん自身の気持ちを伝えてもいいかもしれません。

反応には、反応しか返ってこないものです。お母さんは、反抗期を迎え
た子どもの行動を誰の問題かを考えながら、少し子どもから距離をとっ
考えてみてください。そういうアドバイスをしました。

『誰の問題かを考えてみよう!』