** 今週のテーマ **********************

☆子どもの言葉の奥の真意を聴く☆

********************************

◇私は、学校の先生とも子どもたちとも話をする機会が多いのですが、
先生方は、大概、子どもの話を聞いていると思っています。しかし、子
どもたちの側からすると、先生はあまり話を聞いてくれていないと思っ
ているようです。

◇実は、人の話を聞くということは、簡単な事ではないのです。という
ことで今回は、子どもの話しを聴くためのポイントについて考えてみた
いと思います。

◇私たちのコミュニケーションは、2重の意味の中で繰り広げられてい
ます。言葉は、表現面(デノテーション)と内容面(コノテーション)
からなっているからです。

◇たとえば、「愛しているよ」という言葉は、「愛しているよ!」とい
う表現面(=耳で聞けたり、文字で読めたりする面)と「一生君を守る
よ」という内容面(表現面から汲み取れる意味の面)からなっています。

◇ですから、言葉をそのまま受け止めて良い時と、言葉の奥にある意味
を探って受け止めなければならない時があるのです。

◇昔のことを思い出してほしいのですが、女の子(男の子)から「あん
たなんか大嫌い!(お前なんか嫌いだい!)」と言われた経験はありま
せんか。

私も小学生だった時に、ある女の子から「中土井君なんて嫌い!」と言
われて、なぜだか、胸がドキッとして、もしかしたら、あの子は、僕の
ことをきっと好きなのではないかと感じたのでした。

◇その時、その子は、本当に嫌いだったのかもしれませんが、私はその
女の子は、私のことが嫌いだったのではなく、「好き」と伝えたいため
に、言っていると解したのかもしれなせん。

◇つまり、言葉の世界は、「大嫌い」という表現が、「大好き」と言う
意味を持ちうる世界なのです。ですから表現の奥に隠れた意味をどう汲
み取るかが、大切になってくるのです。子どもの話しを聴く時に、一番
注意してほしいのが、子どもの真意を聴こうと意識を集中することです。

◇何で子どもがこんな言葉を使うのだろうかとか、何で子どもは、こん
な表情で話すのだろうかとか、この話しをすることで子どもは何を私に
伝えたいのだろうかとか、そういう子どもの真意を一生懸命聴こうとす
ることです。

◇子どもの真意が、どこにあるのか、そういう関心で親が子どもから話
しを聴いてあげることが非常に重要なことなのです。言葉尻を聞いて、
すぐに反応してはいけません。

◇AとBの会話を比べてください。


子ども:「お母さん、明日から学習塾行かないよ!」

母さん:「えっ!何で?月謝がもったいないでしょ!」

子ども:「塾の先生が嫌なんだよ!」

母さん:「何言ってるのよ!また塾の先生に怒られたんでしょ?」

子ども:「違うよ!兎に角、もう行かないよ!」

母さん:「駄目よ!しっかり行きなさいよ!」


子ども:「お母さん、明日から学習塾行かないよ!」

母さん:「どうしたの?」

子ども:「塾の先生が嫌なんだよ!」

母さん:「どんなところが嫌いなの?」

子ども:「えこひいきするんだよ!」

母さん:「ひどい先生ね。何かあなたもえこひいきされたの?」

子ども:「そうじゃないんだけどさ。いきたくないんだ!」

母さん:「先生が嫌なほかに、何か理由があるの?」

子ども:「うん、・・・」

◇子どもが話すことを聴くということは、子どもの気持ちに即して、親
から積極的に子どもの真意を聞き取ることです。そのために、子どもの
言うことを受容しながら、子どもの真意が分かるような質問を投げかけ
ていくことです。言葉の奥に隠れた意味を聞き取るように、意識的に子
どもの話を聴いてください。

『子どもの言葉の奥の真意を聴く!』