** 今週のテーマ **********************

☆子ども本人の時系列で成長を認める!☆

********************************

◇私たちは、誰でも他人と比較されることを嫌います。子どもも同じで、
特に、「誰誰ちゃんよりダメ」なところを言われるのが、一番傷つきま
す。つまり、子育てでは、他者比較はしないほうが良いのです。

◇それでは、どうするか。叱咤激励をする際に、他者比較ではなく子ど
もにどうやって実感してもらえばよいのか。それは、子どもの時系列を
振り返って本人の過去と今と未来について語ってみることです。

そして、叱咤激励ではこの時系列で子どもの成長を比較するのが、有効
なことだと思います。

出来たこと、出来なかったことを本人の過去と今を比べてみると子ど
もの自信につながっていくと思います。そして、もう少し大きくなった
ら、こんなことも出来るようになるんだよと教えてあげるのです。子ど
も自身が、自分の成長を確認できますし、将来の成長に関してもイメー
ジがしやすくなるというものです。

お母さん:昔のA君は、ここまではできなかったわ。

A君  :え?そうかな?

お母さん:そうよ。2年前には、まだできなかったと思うわよ。

A君  :だって、この程度なら簡単だもん。

お母さん:A君が、成長したら簡単に出来るのよ。A君には、わからな
いかもしれないけど、人間って徐々に成長していって、出来
ないことが何でも出来るようになっていくのよ。A君も成長
の途中だから、ドンドン出来ることが増えていくわよ。

A君  :そうかな。まだまだ出来ないことが多いけど。

お母さん:今は出来ないけど、A君は、もう少ししたら、こんなことも
簡単に出来るようになるわよ。
そして、多分、こんなことも考えられるようになると思うわ。
凄いと思わない?!

A君  :もし、出来たら凄いね。

お母さん:大丈夫!絶対出来るから。

◇こんな会話で、子どものセルフ・エスティームは、高まるものです。
子ども自身の時系列での能力比較をすることで、子どもの今を承認して
あげましょう!それが、やる気を引き出すことに繋がるのですから。

『昨日の子どもを基準にして今日の子どもの成長を評価しよう!』