** 今週のテーマ **********************

☆子育てのステージを考える!☆

********************************

◇先週の日曜日に、大分市で子育て講演を2本してきました。90分間、
色々なお話をしてきましたが、最近、講演の最後にいつも以下のように
締めくくります。
「子育ての目標は、皆さんがお子さんより先に死んでも、お子さんが自
律的に一人で生きていけるようにすることです。そのために、子どもの
セルフ・エスティームを高めるようなコミュニケーションを取っていき
ましょう!」

◇ということで、今回は、年齢ごとのステージでどんなゴール設定をし
たらよいかを考えたいと思います。

◇読者の皆さんは、子どもをどういう大人にしたいと思って、子育てを
しているでしょうか。年齢というステージごとに、子育てのゴールを持
つことは、非常に重要なことだと私は思います。

◇例えば、こんな感じでステージを設定してみてはどうでしょうか。
 
0~1歳:子どもと四六時中いる
 1~3歳:徐々に親以外の大人や子どもと関係をもつ
/挨拶などの基本的な行動が取れる
 3~6歳:友だちと楽しく遊べる/挨拶などの基本的な行動が取れる
 6~9歳:友だちと意見を言い合える/挨拶などの基本的な行動が取れる
 9~12歳:困っている友だちを助けることが出来る
      /挨拶などの基本的な行動が取れる
 12~15歳:自分の目標が設定でき、その目標達成に向けて努力できる
      /挨拶などの基本的な行動が取れる
 15~18歳:みんなの目標に参画し、その目標に向けて努力できる
      /挨拶などの基本的な行動が取れる

◇例えば、こんな感じで設定してみると、この時期にどう接すればよ
いのか、または、子どもにどうなってもらいたいのか、なんとなくわ
かってくるはずです。どのステージにも基本動作を入れているのは、
人間関係の基本だからです。大人になったら、協働して何かを成し遂
げていくことが、重要なことなので、基本動作を要求しているのです。

◇皆さんは、それぞれ自分の考えで、自分の子どもがどうなって欲し
いかという視点でステージごとに設定してみてください。

◇また、私のこの例では、主に社会に個人として参加することを念頭
において設定していますが、個人の内面的な目標設定を加味しても構
わないと思います。ルールを守るとか、困っている人を助けるとか、
一人で判断できるとか。しかし、個人の内面的な設定だけでは目に見
えにくいので、目に見えやすいものを必ずいれてみてください。ぜひ、
社会に子どもが参加した時に、スムーズに参加できるような目標設定
にしてほしいと思います。

『子どもの年齢に応じた要求を!』