** 今週のテーマ **********************

☆当たり前の基準を下げて、承認をしやすくしよう! ☆

********************************

◇私たちは、出来て当たり前だと思っていることが意外と多いものです。
そして、当たり前のことだと思うと、その行為が出来ていても、何も反
応しないものです。たとえば、挨拶をするのは、人間として当たり前の
ことだから、子どもが挨拶しても、それが当然だと思っていると、何も
反応しないのです。この当たり前の基準が、実は曲者です。この基準が
高ければ高いほど、子どもを承認することがなかなかできません。

◇この当たり前の基準を下げてみると、子どもを承認する機会が非常に
多くなります。子どもが、挨拶をしてくれたら、「挨拶してくれて嬉し
い!」と声をかけてみてください。

慣れないとちょっと変な感じがしますが、慣れてしまえば、簡単に言え
るものです。また、子どもが自主的に勉強していれば、「頑張ってるね!」
と声をかけてみてください。勉強して当たり前だとか、親の手伝いをし
て当たり前だとか思っていると、そういう声をかけることもできません。
当たり前という考えをカッコに入れて、子どもを見て欲しいのです。

A君 :お母さん!今日ね、学校で、先生の手伝いしたんだよ。
先生が、荷物を持って重たそうだったんで、荷物を少し持っ
てあげたんだ。
お母さん:そんなの当たり前じゃない。他人が、大変な時は、手助けし
なくちゃね。お母さん、今大変なのよ。A君、手伝ってよ!
A君 :えっ!?何でよ!

◇こんな会話にならないようにしたいものです。
たとえば、以下のような感じで、受け答えをしてみてはどうでしょうか。

A君 :お母さん!今日ね、学校で、先生の手伝いしたんだよ。
先生が、荷物を持って重たそうだったんで、荷物を少し持っ
てあげたんだ。
お母さん:そう。凄いじゃない!A君は、他人が困っていれば、ちゃん
と手助けできるのね。お母さん、嬉しいわ!
A君 :大したことしてないよ。普通のことだよ。
お母さん:人間は、なかなか普通のことが出来ないのよ。A君がしたこ
とは、人間として立派なことなのよ。お母さん、本当に感心
しちゃったわ!

◇当たり前の基準をどんどん下げて、子どもを承認する機会を増やして
いこうではありませんか。注目や関心が、行動の強化に繋がるのです。
良いことの承認が、良いことを強化することになって、悪いことが目立
たなくなっていくはずです。ぜひ、当たり前の基準を下げて子どもの行
動について、いっぱい承認活動をしてください。

『当たり前の基準を下げて、子どもの行動を承認していこう!!』