** 今週のテーマ **********************

☆期待する行動に注目し、承認する!☆

********************************

◇子どもの行動は試行錯誤の繰り返しです。親が子どもの行動の中から、
どんな行動に関心を示すかで、子どもの行動が変わってくるのです。
子どもの行動の中から、子ども自身のために、どういう行動がよいのか、
親がそれとなく知らせることが重要です。良い行動が継続するかどうかは
親の対応にかかっています。

母:「太郎!テレビばかり見てないで少しは勉強しなさい」
太郎:「これが終わったらやるよ!」
母:「いつも、そう言ってやらないんだから」
太郎:「やればいいんだろう!(自分の部屋にこもる)」

◇翌日、太郎は珍しく勉強しています。お母さんは心の中で、「やっと
やる気になったのね」と思いホッとしていますが、それだけなのです。
その行動に対して、承認をしないのです。これでは、子どもが自主的に
勉強する習慣は身につきません。

◇親というのは、「子どもが勉強するのは当たり前」、「親が望むことを
するのは当たり前」と思いがちです。そして、子どもが期待通りの行動を
しなければとやかく口を出します。逆に親が望むことをしている時は、積
極的にコミュニケーションをしないものです。特に承認をしないのです。

母:「太郎!勉強がんばっているのね。おやつよ!」
太郎:「ありがとう!明日までにやらなきゃいけない宿題なんだ」
母:「太郎の一生懸命勉強している姿を見ると、お母さんはあなたが成長
したんだと思って嬉しくなるわ。もしわからないところがあったら、
お母さんのわかる範囲で教えてあげるわよ」
太郎:「ありがとう!でも、お母さんわかるの?」
母:「何、生意気なことを言って・・・。
だから『お母さんがわかる範囲で・・・』って言ったでしょう」
太郎:「・・・」

◇子どもが好ましい行動、親が望む行動をしている時にこそ、肯定的な声を
かけて承認しましょう。親の肯定的なアプローチが子どもが好ましい行動を
選択する重要な機会なのです。

『期待する行動に注目し、承認する!』