** 今週のテーマ **********************

☆自分を第三者の目で見ること!☆

********************************

◇最近、あるお母さんから相談を受けました。子どもに注意をすると、
その時は聞いてくれるのだが、直ぐに同じようなことをして、同じ注意
を何回もするようになってしまうのだが、何とかなりませんか?という
相談でした。

◇私は、そのお母さんにこんな回答をしました。「子どもに自分のやっ
ているところを想像させるようにしたらどうですか」と。それは、第三
者の目で子どもに自分を見させることでもあります。

子どもは、無我夢中でその場面にのめり込んでいることが多いので、そ
の場で客観的になることは難しいものですが、それでも後になれば、少
しは、冷静になれるので、その時に客観的に自分を振り返ることを教え
るということです。たとえば、こんな感じで。

 

お母さん:あなたがどんなことをしているのか、もう一人のあなたが見ているのよ。

A君 :え~?どういうこと?

お母さん:たとえば、今この状況をあなたが空から見ているのよ。
あなたはどんな風に見える?

A君 :お母さんと僕が、何か話しているような感じ。

お母さん:そうそう。そういう感じで、今起こっていることを想像してみるのよ。
この前、お母さんに叱られたでしょ。
その時は、あなたが、B君をいじめたからじゃない?
今度は、そういう時にあなたが、あなたを空から見て、どう見えるか考えるのよ。

お母さん:あなたがB君をいじめている、その姿をあなたが見て、
あなたが良いことをしているのかどうかを想像してみるの。
そうすれば、もしあなたが良くないことをしていると思えば、
あなた自身に注意が出来るでしょ。そうやって、自分を想像してみてよ。

そうすれば、自分で自分のことを止めることが出来るし、
もし、その場で想像できなければ、後になって振り返ってみてよ。
僕はあの時どういう風に自分で見えていたかなって。
良くないことをしてたなって思えれば、その相手に謝れるでしょ。
そういうことをお母さんは、あなたにしてほしいのよ。

 

『自分を第三者の目で見ること!』