** 今週のテーマ **********************

☆親の期待を習い事で押し付けない!☆

********************************

◇以前、こんな相談がありました。それは、小学校6年生のお子さんを
持つお母さんからの相談でした。「子どもが全ての面で、無気力になっ
ているように思うのだけれども、どうすればよいのでしょうか」という
相談でした。

◇詳しい事情を聞いてみると、その子はなんと、5つもの習い事をやっ
ていたのです。習字、水泳、ピアノ、公文式、個別指導塾と、5つも。

そして、週のほとんどの曜日で何かしらの習い事をやっていました。そ
れも一日で2つも習い事がある日もあるのです。まるでタレントのよう
な状況でした。

◇何でそんなにやらせているのか、そのお母さんに尋ねてみると、将来、
大きくなった時に、色々な選択肢を持っておいた方が良いからと言って
いました。

そんなに習わせても中途半端になるだけではないかと言うと、うちの子
はみんな一生懸命やっていますから、それは心配ないとお母さんは言う
のです。しかし、お子さんは無気力になっているのですが…。

中土井 :お子さんは、どの習い事をしている時が楽しそうですか?

お母さん:そうですね。これと言って特別楽しそうにやっているもの
はないと思います。

中土井 :そうですか。それでは、本人に本当にやりたいものは何?
と聞いてみたことはありますか?

お母さん:ありませんが、みんな頑張っているので、きっと全部やり
たいと言うと思います。

中土井 :そうですか。しかし、お子さんは無気力なんですよね。
お母さんはどんな点が心配なんですか。

お母さん:最近、何をするにしても自信がないような感じなので、
ちょっと心配だったのです。

中土井 :そうですか。お子さんは、なんでそんなに頑張っているので
しょうか。お母さんが、もし今のお子さんの立場だったら、この1週間
の過密スケジュールをどう感じますか?ちょっと想像してみてください。

◇こんな会話をしながらお母さんに、今のお子さんの状況を想像しても
らって、お子さんと話をしてもらうようにしました。子どもに色々な期
待を持つことは、親として当然のことですが、その期待を子どもに現実
的な形で、どんどん押し付けてはいけないかもしれません。

◇こんなに習い事が多ければ、自分の中でなんでこの習い事をやってい
るのか、意味が見出せなくなってしまうはずです。そうなれば、親の期
待に必死に応えようとして頑張っていた子どもの気持ちが、切れてしまっ
ても仕方がないのです。

◇何のための習い事なのか、子どもにとっての習い事とは何なのか、そ
の辺をしっかり親は整理しておきたいものですし、子ども本人と確認し
ておきたいものです。

『親の期待を習い事で押し付けない!』