茅ヶ崎中学も早渕中学も前期中間試験が終了し試験が返却されています。

クロスロードでは全員の答案を回収し、記録保存をしています。そして生徒一人ひとりの間違えと正答の分析をします。

同時に中学生全員に答案の解き直し指導をします。しかも全問解き直しです。「解き直し」と聞くと生徒は、「いやだぁ!」と言います。もう忘れてしまいたい結果のものもあるでしょう。そこで、生徒たちには次のような2つの理由を伝えています。

一つは、正解にも偶然正解になった問題もあることと。誤答でも、途中までわかっていて、最後の詰めが甘くて間違えた問題があるからです。前者はやり直すことで、解答方法の無理解が判断でき、正しい方法を知ることができます。また、後者の場合は、やり直すことで力になるからなのです。

もう一つの意義、それは、これから大人になっていく生徒たちに、「失敗から学ぶ」ことの大切さを体験してもらうことです。十分な準備をしても失敗するかもしれないというリスクに立ち向かい、万一失敗しても、そこから成功への秘訣を学び取ることができる大人になるために、定期試験の解き直しを有意義に活用しているのです。