** 今週のテーマ **********************

☆ 子どもの現状を把握する ☆  

********************************

秋も徐々に深まっています。
この時期、子ども達の状況は大きく三種類に分かれるのではないかと、
何年も子ども達を見て思います。慣れないまま無我夢中で過ごしてきた
当該学年の前半の成果をどう受け止めて、どんな態度を示しているかと
いうことです。

一つ目の状況は、前半の成果に手ごたえを感じて益々がんばろうと張り
切って取組みタイプです。これは、親にとっても、理想的なタイプです。
親としてもこんな子どもだったらいいのにと思うことでしょう。

二つ目の状況は、前半の成果は納得できないものであったものの、これ
で終わる訳に行かないとがんばるタイプです。これは、一般的に負けず
嫌いの気質の子どもたちに多いようです。親としても、前半から頑張っ
てくれればよかったのにと思いつつも、納得できるところでしょう。

三つ目は、諦めた態度をとる状況です。前半の芳しくない結果を踏まえ、
「自分はこんなもんだ!」、「自分は、頑張っても大した成果を上げるこ
とができない」と考え、やる気が低下し、努力を怠り、もちろん期待す
る成果が現れません。これは、親としてなかなか納得できるものではあ
りません。

そして、三つ目の状況の子どもに対して、親も三種類に分かれるよう
です。

一つ目は、諦めてしまう態度です。「この子は、何をやっても駄目だ」
と子どもへの関心や期待を投げ出してしまうのです。

二つ目は、この状況に居てもたってもいられなくて、常に子どもに必要
以上の介入をする態度です。「こんな状況でどうするの!?」、「しっかり
しなさい!!」と、四六時中言い続けます。

三つ目は、どうしたら、今のこの好ましくない状況を子どもに理解させ、
再びチャレンジする意欲を高められるか考え、勇気づけを決意するタイ
プです。

さあ、あなたのお子さんの今の状況は如何でしょうか?仮に、お子さん
が三つ目の状況だとしたら、親であるあなたの状況はいかがでしょうか?

実は、三つ目の状況に見える子どもも、よくよく話を聞くと「何とかし
なくては・・・」と思っていることがほとんどです。しかし、一つ目の
親のような諦めや放任のアプローチ、二つ目の親のように否定的なアプ
ローチで、「結局、自分は、親からも期待されていないし、どうせダメな
んだ!」という気持ちを強化していることが多いのです。

では、三つ目の状況に見える子どもに、親はどうアプローチしたら、子
ども達は再チャレンジの意欲を高められるのでしょうか。

それには、まず、親が現状を好ましいものではないが、現状のまま人生
のゴールに向かうわけではないと信じることです。

保護者の皆さんも今までの人生で、様々な苦悩を乗り越え、考えを変え、
行動を変えて、今現在に至ったのではないでしょうか。

もし、保護者の皆さんの親から今、「お前の取り組みは甘い、もっとしっ
かりやらなければダメだ」と言われ続ければ、できるだけ親の顔は見たく
ないでしょうし、親と話す機会を避けるようになるでしょう。
「私だって頑張ってるのよ!」と・・・。

現状をしっかり見つめ、現状から少しでも成長しようとする態度が子
どもに身につけば、進学しても、社会へ出ても、自分の課題に正面か
ら立ち向かい、子どもたちなりの幸せを掴んでくれるのではないかと
私は思っています。

そのためにも、今の親のアプローチが非常に大切です。

是非、お子さんと現状を共有しましょう。親の理想を一旦棚上げし
て、一歩先へ進むためにどうしたら良いのか一緒に冷静に話し合って
みて下さい。そして、「お母さん(お父さん)は、どんな状況でもが
んばるあなたを応援している」と言い続けてください。

やがて、子どもの状況は、二つ目(失敗してもがんばる子)に移行
し、さらに、一つ目の子どもの状況(成功体験を活かしてさらにが
んばる子)に移行するはずです。

秋の夜長、是非、建設的な会話が各ご家庭で行われることを祈って
います。