** 今週のテーマ **********************

☆たまには表現を変えて子どもと向き合う!☆

********************************

◇夏休みに入ると、子どもたちと接する時間が多くなると思います。
気分転換をして、普段とは違う関係を作ってみるのはどうでしょう。
いつも使っている言葉遣いを変えて、子どもたちを驚かせてみてはいか
がでしょう。

◇たとえば、いつもの会話がこんな会話であれば、

お母さん:朝起きて何をやる約束だっけ?
A君 :学校の夏休みの宿題だよ。
お母さん:じゃあ、今からやりなさいよ!
A君 :今起きてきたばかりだから、ちょっと待っててよ。
お母さん:何言っているのよ。いつもそんなことばっかり言って、
やらないじゃない。宿題やらないのなら、今日は遊ば
せないからね!
A君 :えー!何で?!やるよ。やればいいんだろう!

◇上記の会話をこんな会話に変えてみてはどうでしょう。

お母さん:今日一日の予定は?
A君 :えーっと、午後からプールに太郎と行く約束があるなあ。
今日の予定はそれだけかな。
お母さん:午前中は、どういう予定なの?
A君 :何も予定はないよ。
お母さん:ということは、お母さんとの約束を守れるってことよね。
A君 :約束?何だっけ?
お母さん:朝起きて何をやる約束だっけ?
A君 :学校の夏休みの宿題だよ。
お母さん:そう!その約束!
A君 :分かっているよ。やるつもりだよ。
お母さん:何時からスタートするの?それだけ教えて。
A君 :えー?そうだな?10時から。
お母さん:分かったわ。頑張ってね。

◇親が無理にやれ!といったところで、大して学習効果が上がるわけで
はありません。そうならば、お互い気分を害さないように、自分の気持
ちを伝えたほうが良いに決まっています。

ちょっとした表現で、子どもも親も気分が違ってきます。この長い夏休
み、毎日毎日、叱ってばかりいないで、対決構造を避けて、友好的な関
係を築いてみてはいかがでしょうか。

『表現を変えてみよう!』