** 今週のテーマ **********************

☆兄弟それぞれの良い点に注目しよう!☆

********************************

◇兄弟なのに、全く性格が違う。という話を聞くことがあります。我が
家の子ども達がまさにその通りで、年子なのに、全く性格が違うのです。

◇例えば、上の子は、よく話をするのに、下の子は、大人しい。しかし、
上の子は慎重派で、下の子は行動派だとか。上の子は勉強ができるのに、
下の子は苦手。しかし、上の子は運動が苦手だけれど、下の子は運動が
得意とか。

◇同じ家庭で同じように育てているのに、なぜ、こんなにも性格が違う
のでしょうか?

◇子どもたちは、誰でも親から注目されたいという欲求を持っています。
そこで、上のお兄ちゃん或いはお姉ちゃんが勉強ができるという注目を
親や周りから得られているとすると、下の子も同じ勉強の土俵で注目を
得ようとするか、それとも、勉強では難しいと無意識に思えば、別の分
野で注目を得ようとするのです。もちろん、無意識のうちで。

◇兄弟それぞれの性格が、公平に親からの注目を得られるときには大き
な問題はないかもしれません。しかし、ある一つの価値観だけで子ども
を見ていると、兄弟どちらかの長所を見逃してしまうことになる可能性
があります。

◇更に心配なことは、親の期待する分野で注目されないなら、親に迷惑
をかけることで注目を得ようと行動する子どもに育ててしまう可能性が
あることです。

◇兄弟を育ている時の大切なことは、二つです。一つは、親が単一的な
価値で兄弟にレッテルを貼らずに、それぞれの長所に注目すること。
もう一つは、同じ分野でそれぞれの才能を引き出したいと考えるなら、
兄弟の比較を避けることです。そして、その子自身の成長(昨日よりも
今日というように)を承認することが大切です。

◇互いに競争させて伸ばそうとする子育てには、思いがけないリスクが
潜んでいるのです。上手くいくことよりも難しくしてしまうことの方が
多い子育てになってしまいます。

『兄弟それぞれの良い点に注目しよう!』