** 今週のテーマ **********************

☆勉強する意味を考える! ☆

********************************

◇皆さんは、こんな質問をお子さんから受けたことがありませんか。
「なんで勉強するの?」、「なんで勉強しなきゃいけないの?」、
「どうして勉強なんか必要なの?」等々。

◇私は、塾の先生を17年間やっていたので、この手の質問が年間数十件
から数百件も生徒たちからされました。先述の質問の表現が違うように、
生徒のその質問(=疑問)の奥にある悩み事も、一人ひとり違うので、幾通
りもの答えを用意し、生徒の勉強に対するモチベーションを上げるように
話しました。

◇しかし、私の基本スタンスは、表現や事例は違っていても一つです。
それは、今やっている勉強は、社会に出た時の練習なんだということです。
子どもを大人にする一つの訓練が学校の勉強なのです。

例えば、大人になって勉強しないと、社会に置いていかれて大変なことに
なるのですから、子どものうちに勉強するということの練習をしておくこ
とが必要なのです。

また、人間は社会的な動物ですから、他者を理解すること、自分を理解す
ることが必要になります。勉強は、初めて出会った事柄を理解する練習に
なるのです。分かりにくいことを理解しようとすることが、つまり、他者
理解の練習なのです。

他人が書いたものを理解する、これも、学校で初めて習うことになります。
他人を理解するためには、学校の勉強は、格好の機会を創ってくれるので
す。

また、子どもは好きなことをすることが許されますが、大人は、その前に、
自分の義務を果たすことが求められます。自分のやるべきこと=自分の課
題に向き合う力をつけることも勉強をやる意味なのです。

◇最後に、私が私立高校の理事をしていた時に、夏休み中の講習で国語の
授業をした際、なぜ国語を勉強するのかを生徒たちに話したことを書いて
今回は終わりにします。

中土井:このクラスで国語が好きな人?えっ!誰もいないの?
じゃあ、国語が嫌いな人?えっ!そんなに嫌いなの!困ったな。
難しいから嫌いっていう人?ほとんどそうなんだ。
難しいと思っているんだ。

国語は、難しいよな。先生も学生時代は苦労した。でも、国語っ
て難しいもんなんだよ。そうしないと、役に立たないんだ。他人
の気持ちって、なかなかわからないだろう。

国語は、他人の気持ちを分かるようにするための訓練なんだ。
だから、易しいと現実的な役に立たないんだよ。だから、難しく
してるんだ。でもね。他人の気持ちもその人とじっくり話をした
らわかってくるだろう。

国語も同じなんだよ。じっくり読んでいくと、一杯ヒントがあって、
段々わかってくるんだ。君たちは、まだそのヒントの見つけ方が
分かっていないだけなんだ。

だから、この講習で、そのヒントの見つけ方をするから、そうす
れば、他人の気持ちもわかるようになるよ。国語を勉強するって、
他人の気持ちを理解するための練習なんだ。さあ、練習しよう。

『勉強する意味を伝える!!』