** 今週のテーマ **********************

☆子どものやる気を高める視点!☆

********************************

◇いよいよ、子どもたちの学校が再開しました。子ども達が皆、元気に
登校してくれれば、嬉しい限りです。

◇さて、子どものやる気について、今回は、2つの方向で考えたいと思
います。それは、子どもたちに対してどういうアプローチを取れば、子
どもたちのやる気が高まるのか、その2つの方向です。

◇1つは、子ども達が既にやっていることを認めるという方向。もう1
つが、子ども達がやっていることが、他者に喜んでもらえることだと意
味づけをする方向です。

◇「うちの子はやる気がない!」とおっしゃる保護者の方の多くは、子
どもの興味のないこと、まだ手をつけてないことをやるように仕向けて、
それを積極的にやらないことを嘆いている方が多いのではないでしょうか。

◇人間、やりたくないことは積極的にやらないものです。そうです!嘆
いてみても仕方がないのです。それよりは、まず、子どもが興味を持っ
てやっていること、手をつけていることに注目して見るということです。
そうすれば、子どもはやる気のあるように見えてくるのではないでしょうか。

◇子どもの嫌なことを積極的にやらせるように、動機づけるのは、非常
に難しいことですが、既に子どもがやってくることをまずは認めること
は簡単なことです。ないものねだりを棚上げして、まずは子どものやる
気を促進する第一歩として、やっていることを認める努力をしましょう。

◇そして、次に、子どもが既に手をつけていることが保護者やその他の
人に役立っているということを伝えて、子ども達がやっていることに意
味づけをすることをしてみてください。

大人もそうですが、特に子どもの場合、自分の為より他者に喜んでもら
える行為にやる気が湧くのです。心理学者のアドラーは、母親の責務を、
子どもの関心を母親から父親へ、そして他者に向けさせることだと言っ
ています。

広く他者に関心を向けさせなければ、甘えが生まれ、甘えで欲求が満た
されれば、やる気は生まれないのです。他者への関心を高めるには、他
者が子どもに関心を示していることを伝えることが大切なことです。

他者に関心を持ち、自分の能力を最大限に活かそうとする子どもたちこ
そ、これからの社会で必要とされる人間になるはずです。ぜひ、子ども
の行為に意味付けを与え、他人に貢献している実感を子どもたちに与え
てみてください。

『他人のために役に立っているという意味付けをする!』