** 今週のテーマ **********************

☆子育てと勉強☆

********************************

◇子育てとは、何でしょう。子どもを育てるとは、どういうことなので
しょう。色々な答えがあるでしょうが、今回は、公共性を育てるという
風に考えてみます。つまり、子育ては、子どもを大人にするために、公
共性を子どもの中に根付かせることなのです。

◇そうすると、子育てで必要なことは、公共性に関連することを教えた
り考えさせたりすることだということです。それでは、公共性とは何か。
簡単に言えば、複数人の中で他人に不快な思いを与えずに振る舞えるこ
と、集団の秩序を乱さないこと、この集団が存続するように行動するこ
と等々、ということです。

◇ですから、子どものうちに、約束は守る、人の話は聞く、ルールを守
る、他人と喧嘩しない、暴力を振るわない、ものを粗末にしない、悪い
ことをしたら謝る、目上の人を尊重する、親を大切にする等々、を教え
るのです。これが、子育てです。

◇それでは、子どもはなぜ勉強をしなくてはならないのでしょうか。こ
れまた、公共性を習得するためにです。子どもは、勉強をすることを通
して、公共性を学びます。学校に行けば、そのルールがあります。集団
の中で皆で学びます。

学校で勉強するということは、公共性を学び、そして、それを試す素晴
らしい時間なのです。人の話を行く時は、どういう態度でいるのか。人
の指示を聞いて実行するとはどういうことなのか。

他人に迷惑をかけないということは、どういうことなのか。準備をする
意味は何なのか。自分が理解できないことを他人に聞くにはどうすれば
良いのか。何かを学ぶためには、どうすれば良いのか、等々。色々な生
きる力を実は勉強をするプロセスで学ぶのです。

◇子育ては、公共性を培うプロセスです。そういう風に考えて、子ども
との距離を取りながら、子育てを楽しんでください。

『子育ては公共性を培うプロセス!』