** 今週のテーマ **********************

☆小さな目標で達成感を持たせる!☆

********************************

◇人間のやる気は、恒常的に続くものではありません。
やる気は、紙風船と同じで、空高く打ち上げても必ず地面に落ちてくる
ものです。だから、何回も何回も空高く紙風船を打ち上げなければなら
ないのです。

◇それと同じで、やる気も一度やる気を引き出して安心していてはダメで、
何回も何回もやる気を引き出すアプローチを心がけなければダメです。

◇やる気を引き出すためには、やる気になる時を作ることです。そして、
やる気を定期的に刺激して、やる気を保つことが重要なのです。

◇子どもがたまたまやる気になった時を見逃さずに、そのやる気を維持
していこうとすることが、親としては重要なことです。それでは、子ど
もがやる気になる時を考えてみましょう。

1.子ども自身に本当にやりたいことが見つかった時
2.子どもが目標達成を意義あるものだと思った時
3.目標に向かって、やることが明確になった時
4.目標の達成が可能である時
5.子どもに目標達成のスキルがある時
6.子どもが目標達成の方法を選択出来る時
7.目標達成をした時のイメージが明確になった時
8.目標達成したら、他人の賞賛が大きい時
9.目標達成したら、親が喜んでくれる時
10.仮の目標を決定した時

◇子どものやる気を引き出そうと思ったら、子どもの好きなことに注目
するか、あるいは子どもに目標をまずは持たせることです。

◇しかし、子どもの好きなことは、親にとってはあまり好ましくないこ
とも多いものですから、そう考えると後者の子どもに目標を持ってもら
うことが一番いいことかもしれません。そのためには、小さな目標を設
定して、達成することが、物凄く気持ちのよいものだと思ってもらうこ
とが一番早いかもしれません。

◇達成感を常に感じている子どもは、目標を持ちやすいものですし、目
標に向けて努力しやすいものです。ですから、達成感を感じやすい教育
環境を用意したいものです。

◇そのためには、勉強だけの目標ではなく、毎日の習慣的なことでも
(活動目標)、趣味的なものでもいいので、小さな目標を子どもに決定
させて、達成感を常に感じられるようにしておくことです。そうすれば、
子どもは、目標に向けて、動き出すかもしれません。

『達成感を感じた子どもは大きな目標を持つ!』