** 今週のテーマ **********************

☆自己肯定感を高める!☆

********************************

◇自信とは、自分の可能性を信じることです。
自分には何かをやる能力があるとか、自分はどんな状況でも何とかなる
とか、自分に対する信頼がある状態を自信のある状態というのです。

◇こういう自信を持つためには、どういう感情が必要なのでしょうか。
それは、自己を肯定する感情です。自己肯定感が、自信に繋がるのです。
それでは、この自己肯定感はどうすれば高まるのでしょうか。

◇それは、交流分析の言うプラスのストローク、特に無条件のプラスの
ストローク(承認)を子どもたちに投げかけることで、子どもたちの自己
肯定感は高まります。

◇無条件のプラスのストロークとは、子どもが、何かをしたから褒める
というよりも、何もしなくても子どもがいるだけで、親として子どもを
認めるというものです。この無条件のストロークで子どもたちのセルフ・
エスティームが高まるので、自己肯定感が高まっていくのです。

つまり、お母さんやお父さんが、自分のことを重要だと思ってくれてい
る。お母さんやお父さんに認められている私は、自分のことを肯定して
良いんだ!という風になるからです。

◇たとえば、算数のテストで、100点を取ったから褒めるというのは、
条件付のプラスのストロークです。それに対して無条件のプラスのスト
ロークは、どんな得点でも親として子どもに対して優しく接するという
ことです。

◇子どもの存在をいつでも関心を持って見つめていくと、子どもの自己
肯定感は、高まっていくものです。自己肯定感が、高まってくれば、何
に対しても自信を持って臨めるようになりますし、新しいことをして、
たとえ失敗しても、失敗から何かを学ぶようになっていくのです。

◇そうなれば、子どもは自分自身の強さを実感できるようになっていく
ものです。

◇私たちは、子どもの良い面と悪い面を同時に認めることです。そして、
良い面に関心を示して、良い面を伸ばしていこうとすることです。
そうすれば、子どもは自分自身の可能性を信じられるようになります。
そうなれば、子どものやる気は断然高まってくるはずです。

『子どもの自己肯定感を高める!』