** 今週のテーマ **********************

☆Iメッセージを活用しよう!☆

********************************

◇IメッセージとかYOUメッセージという言葉を聴いたことがあるで
しょうか。

◇このメルマガでも何回か出てきた言葉ですが、子どもを叱る時には、
Iメッセージが有効です。YOUメッセージの叱り方と比較してみると
Iメッセージの優しいニュアンスがわかると思います。

お母さん:太郎君、なんで朝からゴロゴロしているの?
太郎君 :別に。ゴロゴロなんてしてないよ。
お母さん:じゃあ、学校の宿題でもしなさいよ。なんで、こう毎日、
ゴロゴロ出来るんだろうね!
太郎君 :だから、ゴロゴロしてないよ。テレビを見ているだけだろ!
お母さん:そういうのをゴロゴロしているというのよ。駄目な子ね!
こんなことばっかりしてたら、ろくな大人にならないわよ!
もっとシャッキとしなさい!
太郎君 :分かったよ!

お母さん:次郎君、朝から何もすることないの?
次郎君 :別に。
お母さん:じゃあ、学校の宿題でもすれば。お母さんは、あなた
が勉強している姿を見るのが好きだな!
次郎君 :え?僕は今テレビを見ているんだけど。
お母さん:お母さんは、あなたがテレビを見ていて、やるべきことを
やらないのは、嫌だわ。
次郎君 :分かったよ!勉強すればいいんだろう!

◇この二つの会話は、同じようなものですが、二つ目の会話には、Iメ
ッセージが含まれています。お母さんの気持ちを直接伝えているところ
です。相手の行動を自分としてはどう感じるかを伝えているところです。

◇太郎君を注意している感じと、次郎君を注意している感じは違ってい
ます。次郎君に言っている方が、次郎君も受け入れやすくなっているのです。

◇注意を促したい時に、Iメッセージをぜひ活用してみてください。
長い夏休みです。子どもとの関係を悪くしない、一つのメッセージだと
思って、試しにやってみてください。子どもは、基本的に親の求めに対
して応えるものですから。

『Iメッセージを活用しよう!』